愛知大学 新入生の皆様へのご案内

1.はじめに

 名古屋情報メディアセンターでは、これから愛知大学の情報環境をご利用いただく新入生に向けた特設ページを開設しました。
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、2020年度春学期の授業を登校によらず、全学的に遠隔(オンライン)授業で実施することにしました。
遠隔(オンライン)授業は、インターネットを活用した授業です。学生の皆さんは、自宅等、各自の事情に合わせて授業を受講できます。
そのため、カメラとマイクがついているパソコンやタブレット及びインターネット環境(十分な容量又は無制限のネット環境など)を準備してください。

2.電子メール

 愛知大学ではMicrosoft社のクラウドサービスである「Microsoft 365 Education」を導入しています。
愛知大学のメールアドレス(学籍番号@moon.aichi-u.ac.jp)を所有する方であれば、学生Webメールサービスを利用することができます。

3.OneDrive

 Microsoft社が提供している、インターネット上にファイルを保存することができるサービスです。
インターネット環境が整っていれば、PC・タブレット・スマートフォン等から、どこでもファイルの保存、編集が可能です。
複数人で同一のファイルを共有することもでき便利です。

4.Microsoft 365 Apps(旧 Office 365 ProPlus)

 Microsoft 365 Apps(旧 Office 365 ProPlus)は、自宅のパソコンにOffice(Word、Excel、PowerPointなど)を無料でインストールできるサービスのことです。

5.Moodle

 Moodleとは、e-Learningシステムのことで、Modular Object Oriented Dynamic Learning Environmentの頭文字を取って名付けられました。
Moodleを利用することにより、授業毎にWebサイト(Moodleではコースと言います)を持つことができ、そこで次のような活動を行うことができます。

  • 課題の提出
  • 資料の閲覧
  • 掲示板(フォーラム)での発言

6.Microsoft Teams

 Microsoft Teamsとは、Microsoft社が提供するコミュニケーション支援ツールです。
Teamsでは利用者の「チーム」を作成し、チーム内のメンバーでメッセージチャット、ビデオ会議、画面共有、ファイル共有などを行うことができます