回答

   よくある質問パソコンの操作 > データのバックアップ方法について

(パソコンの操作)データのバックアップ方法について

バックアップとはデータの紛失や破損などに備え、データの写しを別の場所に保存することを指します。
データが消えてしまった場合でも、事前にバックアップをしておけば復元できます。
複数の箇所にバックアップをとることで、データの破損・紛失を一層防ぐことができます。
いずれかのファイル(Word、Excelなど)を編集した際は、必ず全てのバックアップしたファイルを最新の状態
してください。

卒論やレポートファイルのデータをUSBの紛失や誤った操作により消失するケースが多発しています。
一度消えてしまったデータは復元できませんので、必ず複数の場所にバックアップを取るようお願いします。
バックアップ方法には複数の方法があり、その中でも手軽な3つの方法を紹介します。
できるだけ多くの方法でバックアップを行ってください。
1.OneDriveに保存する OneDriveを使うことで、常に最新のファイルをインターネット上で保存することができます。
OneDriveの使い方はこちらを参照ください。
2.個人所有のPCや学内サーバーのデスクトップ等にコピーする ①バックアップをとるファイルを右クリックし、「コピー」を選択します。
②バックアップの保存先(今回はデスクトップ)で右クリックし、「貼り付け」を選択します。
③バックアップ完了です。
④バックアップしたファイル名にファイルの更新日を加えることで、最後の更新日がわかり便利です。
3.USBメモリに保存する 上記2.の操作方法と同じようにUSBフォルダで「コピー」・「貼り付け」を行ってください。
絶対にUSBメモリ内のファイルを直接編集しないでください。データ破損の原因となります。

ページトップへ