SSL-VPNサービス

SSL-VPNシステムの概要

SSL-VPNシステムとは、SSL暗号化技術を用いて、学外から安全に学内専用Webページへアクセスできるシステムです。
SSL-VPNシステムはLive Campusから利用することができます。
LCリンク
SSL-VPNシステムを用いると、以下のことが可能です。

  1. 学外から学内専用Webページの閲覧
  2. 学外からJOHOドメインファイルサーバーの利用
  3. 学外から研究教育WebサーバーへのFTPアップロード

SSL-VPNシステムへのアクセス方法の詳細については、厚生棟4階メディアゾーン受付までお問い合わせください。 ・SSL-VPN利用の際は、以下の点に十分ご注意ください。
- 使用後は、SSL-VPNをログオフし、ブラウザを閉じる。
- ネットカフェなどでの利用は控える。
- 利用するPCは、OSセキュリティパッチの適用やウィルス対策ソフトなど、ウィルス対策を万全にする。
- パスワードはパスワード変更ページにて定期的に変更する。

各機能の説明

1.学外から学内専用Webページの閲覧
SSL-VPNログイン後、登録されたリンク先へのアクセスが可能です。
また、アドレス入力欄に任意のURLを入力することにより、任意の学内専用Webページへのアクセスが可能です。


2.学外からJOHOドメインファイルサーバーの利用
★Windowsの場合
SSL-VPNログイン後、「学内ファイルサーバーへネットワークドライブ接続」をクリックすることで、PCのネットワークドライブにJOHOドメインファイルサーバーのフォルダが次のようにマッピングされ、アクセスが可能になります。
・Nドライブ 講義用共有フォルダ(学内PCログイン時のOドライブと同じ)
・Yドライブ 個人フォルダ(学内PCログイン時のZドライブと同じ) ※利用時の注意
(1)初めて利用する際は、PCの管理者権限でログインしている必要があります。
(2)初めて利用する際は、ソフトウェアが自動的にインストールされます。
(3)Internet Explorer9,11をご利用ください。
(4)利用する際は、教材ファイルサーバー及び個人ファイルサーバーに対するユーザー認証が行われます。以下の情報を入力し、ログインしてください。
ユーザー名: joho¥ユーザーID パスワード: パスワード
(情報メディアセンター設置PCや電子メールで利用している ユーザーID/パスワードと同じものでログオンします。)


★Macの場合
SSL-VPNログイン後、「学内ファイルサーバーへネットワークドライブ接続」を クリックすることで、JOHOドメインファイルサーバーへアクセス可能になります。
(ドライブのマッピングはされません) ※利用時の注意
(1)初めて利用する際は、PCの管理者権限でログインしている必要があります。
(2)初めて利用する際は、ソフトウェアが自動的にインストールされます。
(3)Safariの場合、「ポップアップを有効にする」と設定しないと、うまく動かないことが確認できています。
(4)接続に成功したメッセージが表示されたあと、「サーバーへ接続」に以下のように記述することで、ファイルサーバーへのアクセスが可能になります。
詳しくはお問い合わせください。
smb://ファイルサーバー名/フォルダパス


3.学外から研究教育用WebサーバーへのFTPアップロード
SSL-VPNログイン後、「学内ファイルサーバーへネットワークドライブ接続」 をクリックし、「ネットワークアクセス接続が確立されました」というメッセージが 表示されると、研究教育用WebサーバーへのFTPアップロードが可能となります。
各FTPソフトを利用し、ご利用ください。


4.その他
・Webページのブックマーク機能について
学内専用Webページのブックマーク登録機能はありませんので、代替機能として以下の方法があります。ご活用ください。
SSL-VPNログイン後、「学内ファイルサーバーへネットワークドライブ接続」 をクリックし、「ネットワークアクセス接続が確立されました」というメッセージが 表示されると、Webブラウザお気に入りに登録したWebページへのアクセスも 可能になります。

ページトップへ