ノート型パソコン貸出内規

ノート型パソコン貸出内規

(目的)
第1条 この内規は、愛知大学情報メディアセンター利用規則第16条に基づき、ノート型パソコンの貸出に関して必要な事項を定める。
(貸出目的) 第2条 ノート型パソコンの貸出は、学生・その他の者が自己の研究、勉学に資するためにこれを行う。
(貸出利用資格) 第3条 ノート型パソコンの貸出利用資格を有する者は、次のとおりとする。
 (1)本学学生
 (2)その他、情報メディアセンター所長が許可した者
(貸出手続) 第4条 貸出を希望する者は、情報メディアセンター受付に申込書の提出を行う。申し込みを行う際、学生証及び在籍確認カードを呈示する。
(貸出期間) 第5条 貸出期間は、15日間とする。
(貸出台数) 第6条 貸出を受けることができる台数は、一人一台とする。
(遵守事項) 第7条 利用者は、次のことを遵守しなければならない。
 (1)利用期間中は、大切に取り扱うこと。
 (2)機器の紛失、故障が生じた場合には、直ちに情報メディアセンター受付へ届け出て、その指示に従うこと。
 (3)利用期間は、遵守すること。
 (4)利用機器を他人に貸すなど他の目的に使用しないこと。
(利用停止及び弁償等) 第8条 利用者がこの内規に違反した場合には、以後の利用は認めないことがある。
第9条 貸出を受けた者が機器を紛失し、または損壊した場合には、現物または相当する代金による賠償をしなければならない。但し、ICT委員会は事情によってこれを軽減または免除することができる。
(内規の改正) 第10条 この内規の改正は、ICT委員会の議を経て行う。
附 則(制定)  この規程は、2004年4月1日から施行する。
附 則(貸出機器の変更に伴う改正)  この規程は、2010年11月1日から施行する。
附 則(情報メディアセンター利用規則の改正及び関係内規の取り扱いの見直しに伴う改正)  この内規は、2010年12月1日から施行する。
附 則(貸出利用資格の改正及び関係内規の取り扱いの見直しに伴う改正)  この内規は、2016年11月1日から施行する。

ページトップへ